blitz-time アプリ開発ブログ

Androidアプリ開発などのTips集

Android開発

【Androidアプリ開発】画面起動時のソフトウェアキーボード(IME)を非表示にしたい

EditTextを使った文字入力を持った画面を表示した場合、そのEditTextに入力フォーカスがあたり、ソフトウェアキーボード(IME)が自動的に起動します。入力前提の画面であればその挙動が良いのですが、「既存のデータを閲覧し、必要であれば編集する」というよ…

【Kotlin入門】Kotlinの文法を勉強するためのAndroid Studio活用方法

Androidアプリの開発をしていますが、今後のAndroid開発は『Kotlin』が主流になります。Javaより扱いやすくなるということですが、これまでずっとJavaを使っていたため、なかなか移行する機会がありませんでしたが、やっと重い腰を上げてKotlinの習得に取り…

【Androidアプリ開発】JPEGファイルからサムネイル写真を取得

アプリ内で端末内の写真の一覧を表示する際、写真が多いと非常に時間がかかります。 また、最近の端末の写真は高解像度なので、ファイルサイズも大きくなり、1枚当たりの処理時間もかかります。 撮影した写真は通常JPEGで保存されますが、そのデータ内にExi…

【Androidアプリ開発】ファイルをまとめてZip化(圧縮・解凍)

ファイルをバックアップ・復元するために、複数のファイルを圧縮・解凍する機能が必要です。 便利なオープンソースがあるので、そちらを活用します。github.com簡単な使い方はこのような感じです。 public class ZipUtils { Context mContext; public ZipUti…

【Androidアプリ開発】例外が発生しないJSONファイルのデータ読み込み

アプリ内での利用するデータファイルの形式としてJSONが多いですね。 各種サービスのWeb APIなどで取得するデータの形式にもJSONが使われていることが多いです。JSONObjectに読み込んだデータから指定のデータを取得する際、JSONObject.getString() や、 JSO…

【Androidアプリ開発】データのバックアップ・復元機能

アプリで利用しているデータをバックアップし、機種変更時に復元するような機能を入れたい。アプリのデータの保存はおおむね、以下の3種類です。 1) プレファレンス 2) データベース(SQLite) 3) 各種データファイル 各種ファイルのバックアップ 1) プレファ…

【Androidアプリ開発】写真のトリミング

撮影した写真から必要な個所だけを切り抜きたい場合は、外部アプリのトリミング機能を利用すると便利です。 // uri: 写真のUri private void showTrimImage( Uri uri ){ Intent intent = new Intent("com.android.camera.action.CROP"); intent.setDataAndTy…

【Androidアプリ開発】カメラ撮影を連続で実施

アプリからカメラアプリを起動して、撮影した写真を取り込むにはIntentを利用します。しかし、カメラアプリを起動し、撮影を終了すると、アプリも終了し、元のアプリに戻ってしまいます。カメラで撮影した写真を連続で取り込むには、カメラアプリでの撮影後…

【Androidアプリ開発】スクショした写真を検出する方法

最近のAndroid端末でよく、スクショをとると、通知バーに通知が来て、タップすると、そのスクショ写真を表示することができ、共有機能などを使って、メールに添付したりすることができますね。そんな機能をアプリに入れたいと思いました。 スクショした写真…

【Androidアプリ開発】Bitmapオブジェクトを指定パスにPNGファイルとして保存

Bitmapオブジェクトを指定パスにPNGファイルとして保存します。 static public boolean saveAsPngImage(Bitmap bmp, String strPath){ try { File file = new File(strPath); FileOutputStream outStream = new FileOutputStream(file); bmp.compress(Bitmap…